脇汗手術の方法と値段

脇汗を抑えたい!病院での手術方法や費用について

なかなか脇汗が止まらないので病院に行こうかと思っています。病院での改善方法や手術費用についてどんなものか知りたいです。

まず、脇汗を抑えるための方法として。手術でメスを使う前に注射で脇汗を止める方法もあります。

 

それはボトックス注射です。ボトックスとは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌス毒素から出来る成分で、筋肉の動きを抑制する働きがある事から、しわをなくす為に駐車する人も多くいます。そのボトックス注射を脇に打つ事で、脇汗がピタッとなくなったりするようです。

 

脇ボトックス注射

脇へ打つボトックス注射のメリットは、手術に比べて安価で手軽に行えるという事でしょう。脇に直接注射を打っていきますが、約10分程度で終了します。ボトックス注射を行うと、脇汗が出るように働いている筋肉の働きが抑制されて脇汗をかかなくなり、またワキガで悩んでいる人も、脇の汗が出なくなるのでニオイもなくなります。

 

手術とは違い、副作用もなく終了後はすぐに帰宅でき、また入浴も可能で、すぐに普通の日常生活を送る事が出来ます。しかし、デメリットとして脇の汗は出なくなるけれど、他の部分の汗が増えるという場合があります。また効果が持続する期間が3ヶ月から半年程度と手術に比べると短いため、ランニングコストが必要になってきます。

 

メスを使う脇汗手術

脇の奥には汗腺という汗を分泌する腺があり、その汗腺を焼いたり除去したりする方法があります。除去する手術は脇の下を数センチ切って、そこから脇汗の原因となるアポクリン腺とエクリン腺を除去します。

 

アポクリン腺はワキガを引き起こすニオイの原因で、このアポクリン腺を除去する事で脇の匂いやワキガを治せます。アポクリン腺は完全に除去する事ができても、エクリン腺は完全に除去する事は出来ません。しかし、ダラダラと滝のように出ていた脇汗も半分くらいの量までにはなるでしょう。

 

施術時間は約2時間程度ですが、ボトックス注射と違い、術後も病院へ数日通わなくてはなりません。ただ、一度施術すればほぼ再発する事はなくなります。費用は保険適用外だと約30万円程度が必要です。

 

脇汗の手術は美容外科や皮膚科など様々なところで取り扱っていますが、デメリットや病院の評判などを踏まえてよく考えてみましょう。

 

脇汗に関するよくある疑問Q&A に戻る

 

脇汗予防グッズ体験レポ TOPページに戻る