脇汗 病院は何科へ?

脇汗の悩みは病院で治る?受診は何科へ?

脇汗がひどく病院へかかろうと思いますが治りますか?何科を受診すればいいのかも知りたいです。

 

脇汗で病院へかかる場合は皮膚科を受診するといいでしょう。多汗症の症状の場合、外用薬として塗り薬が処方される事があります。これは塩化アルミニウム(通称:汗止め液)といい、汗を抑える効果があります。

 

塩化アルミニウムは保険適用ではないため、病院へかからずに薬局などで購入する人もいます。薬局では”オドレミン”や”テノール液”という商品名で販売されていますが、肌が弱くて心配な方は特に、まずは病院へかかり自分がどの程度の症状で、どんな方法で治療するのが一番いいのかを判断してもらうといいと思います。塩化アルミニウムの濃度が強すぎてかぶれてしまう事もあるそうです。

 

塩化アルミニウムの効果

個人差がありますが、塗布して1〜数日で脇に汗をかかなくなるでしょう。塩化アルミニウムを塗布すると、汗が出てくる汗腺という穴を変形させる為、汗が出なくなるのです。また殺菌作用もあるので匂いの原因である菌を殺してくれます。塩化アルミニウムは昔から多汗症対策に使用されています。

 

塩化アルミニウム使用方法

@塩化アルミニウムを塗布する前に、入浴をするなど石鹸で患部を清潔にします。
A塗布部分に水分がついている場合は、綺麗なタオルなどで拭き取ります。
B塩化アルミニウムを2?3滴、指にとって患部へ塗布します。
C脇全体に塩化アルミニウムがつくようにBを繰り返します。
※脇から垂れた塩化アルミニウムはすぐにティッシュなどで拭き取ってください。
D薄いビニール(サランラップのような物)で患部を覆い就寝します。
E翌朝、ビニールを取って水で塩化アルミニウムを洗い流します。

 

塩化アルミニウムを使う時の注意事項

脱毛、除毛後は塩化アルミニウムを塗布しないようにしてください。肌トラブルの原因となります。お肌に合わない方は、塗布後かぶれたり痒みが出たりする事があります。使用を中止してください。また、塩化アルミニウムは光に当たると劣化し効果がなくなります。必ず保存する場合は日の当たらない場所へ保存してください。

 

管理人愛用のデトランスαも、塩化アルミニウムを主成分とする脇汗グッズです。病院に行くのはなかなか難しいという方でも、通販で購入可能なのでおすすめです。脇汗がひどい管理人には、市販のもので効果を感じられず病院も考えましたが、デトランスαに出会えて脇汗の悩みを解消できました。

 

※管理人が使い比べた脇汗グッズランキングで紹介しています。

 

 

脇汗に関するよくある疑問Q&A に戻る

 

脇汗予防グッズ体験レポ TOPページに戻る